チーム紹介

歴史

ライオンファングスは、昭和47年(1972年)に、弊社元会長故小林敦氏の基本理念のもと創設されました。

基本理念

企業人、社会人としての職務をまず第一に果たし、ラグビーを通し心身の鍛練、協同意識の向上を目指し、より良い企業生活、社会生活を送ること。

ラグビーをやることによる仕事上の優遇措置も不利、制限も一切生じない。

アマチュアリズムを追求し、担当業務とラグビーの双方を絶え間なく向上させ、完全両立を目指す。

当ラグビー部はクラブチームとして運営し、従って入部は基本理念を共有する者ならば誰でも部則に従う限り自由とする。

現在の当部のポジション

国内のラグビーリーグは、コベルコ神戸スティーラーズ、東京サントリーサンゴリアスなどをはじめとした、16チームによる“リーグワン”が編成され、その下に関東協会・関西協会・九州協会の三協会がそれぞれ運営している社会人リーグがあります。
ライオンファングスは、関東ラグビーフットボール協会に所属し「トップイーストリーグ Cグループ」のカテゴリーに位置づけられています。
上位の「トップイーストBグループ」への昇格を目指し日々練習に励んでおります。

チームへの新規加入について

ライオンファングスは、運営企業であるライオン株式会社の社員の他、社外であっても基本理念を共有する者には開かれた「社会人クラブチーム」です。
全体練習は、基本的に毎週末ホームグラウンドである千葉県市原市の専用グラウンドで行っています。
平日は、フィットネスレベルを高めるためのトレーニングを、週末の全体練習とは別に、各自が行っています。
入部に際しては、
①チーム方針を理解してもらうこと。
②各個人で傷害保険に加入すること。(チームとしても登録メンバー個々人に保険を掛けています。)
③ライオンファングス選手規定を遵守し、積極的に活動への参加をすること。
を前提にした上で、運営スタッフと面談を行って頂きます。
ご興味がある方は、下記問い合わせ先までご一報ください。
応募はこちらから